俳人は、作家のペンネーム、文人や画家の雅号、俳優や芸人の芸名などにあたる、俳号を付ける作者が多い。それは、名前をもじったものだったり、関わりのある事物や場所を読み替えてつけることが多い。
かの有名な文豪、夏目漱石のペンネームの「漱石」は、友人であった正岡子規の俳号を、貰って明治22年あたりから使い始めた。
その正岡子規は、他人に俳号を付けるのも巧いが、自身もおそらく日本一であろう、100余りの俳号を持っていたことで知られている。
自らの随筆「筆まかせ」の中に「走兎」「漱石」「丈鬼」「獺祭魚夫」「野暮流」「盗花」「浮世夢之助」「野球」「色身情仏」「面読斎」「猿楽坊主」「獺祭屋書屋主人」等々、愉快な俳号が書かれている。
とりわけ面白い「獺祭屋書屋主人」は、何にでも興味を抱く子規は、部屋中に本屋や書きかけの原稿や反古紙が散乱させていたという。
子規は「獺は魚を捕るのが巧く、すぐに食べずに巣にいろいろの魚並べて置くのを中国の詩人が「魚を祭る」と形容したことから、それをもじって自室を「獺祭屋書屋」と名づけたと、碧梧桐に語っている。
しかしこの中で、主に使われたのは、墓碑銘に書かれている「子規」「獺祭屋書屋主人」「竹ノ里人」など限られていたようだ。
芭蕉は、幼名を金作、のちに 宗房(むねふさ)と名乗っていた。そこで、本名を音読した「宗房(そうぼう)」を俳号としていた。
その後江戸に出て、1675年(延宝 3)大坂の西山宗因を歓迎する句会に出席、俳号を「宗房」から「桃青(とうせい)」に変えた。
また、住居を江戸の中心から深川に移し、門人李下(りか)が庭に芭蕉の株を植えたことから、この庵が「芭蕉庵」と呼ばれるようになり俳号として、1682(天和 2)より「芭蕉(ばしょう)」の俳号を好んで用いていた。